March 10, 2005

映画/DEEP BLUE

去年の夏に観た映画です。5月にDVDが発売されます。
DEEP BLUE

動物を飼っている人、興味を持っている人にはぜひ見ていただきたい映画です。

私はこの映画を見て、人生観、ものの考え方が大きく変わりました。このサイトのきっかけのひとつでもあります。

まず音楽と映像。サイトの広告動画を見るだけで伝わると思いますが、スケールの大きさには圧倒されます。綺麗なだけではなく、弱肉強食の残酷なシーンもあります。思わず目をそむけてしまいましたが、それも現実。

地上より面積の大きい海、地上よりも何倍も多くの生物が共存しているのです。普段陸地で、都市で生活している私は、日々の生活で自然を感じる事が特に少ないので、人よりも気付くのが遅かったのかもしれません。地球の生物は人間、哺乳類だけではないという事を。存在は知っていても、自分とリンクしている、共存しているとは考えていなかったです。

人間の罪もひしひしと感じました。同じ地球上の生物として。他の動物の命を軽々しく扱う資格は無い。

そして何より一番感じたのは、野生の生物は皆いつ食べられるか、という危険にさらされる。その危険性が基本的には無い現代の人間は、精神的な苦悩があるのが自然、というか当然のことなんだろうなあ、と感じました。心の病が増えるのは当然の自然の真理と言ってもいいのかも。自然に逆らった代償かもしれません。

映画の初めにもあるのですが、地球の表面積の約70%を占める海。その海の世界に比べたら人間の世界なんて狭いものです。世界に視野を広げるどころか、海にまで視野を広げないといけません。

自分は生命体としてひとつだけでは誕生もしていないし、生きていけない。両親から生まれ、他の生物を食料として生きています。そうやって生きているならそれこそ自分の事だけを考えて生活していてはいけないと思いました。関わらなければ生きていけない人間の事も、生活環境のことも、食料にしている生物の事も、それ以外の生物や自然の事も、全てに感謝の気持ちを持って生きていくのがまっとうな生き方なのだろう、とまで思ってしまいました。

なかなか出来ないんですけど。それが・・・

ダイビングが趣味の友人とこの映画の話をしたところ、この映画は「大感動」するか、「好きじゃない」のどちらかに大きく分かれるそうです。

私は、人生を変えた映画とも言えます。

投稿者 kiyo : 10:50 PM | コメント (0) | トラックバック

「Deep Love特別編 パオの物語」Yoshi


大分前に読んだ本です。
ベストセラーになり、ドラマ化、映画化もされた「Deep Love」シリーズです。

ペットを飼っている人にはぜひ、読んでいただきたい一冊です。

最初は「読めない・・・」と思っていました。でも、Deep Loveを読んだ後、この犬の特別編があると知り、愛猫ぽよんちょの病気も落ち着き、そろそろ処分される犬猫の実態を知らなくては・・・と思って、読みました。

最初から最後まで泣き通しでした。翌日は目が腫れました。

読むのが辛い本です。でも、これを読んでよかったと心から思えます。

あらすじは、Deep Loveの主人公アユという少女が、公園で舌を切られて捨てられた犬と出会います。家に連れて帰り、パオと名付け、おばあちゃんと一生懸命世話をして、最後アユが死んでしまうときにはパオも一緒に・・・

というDeep Loveの話を、パオの視点で、パオが産まれた時からアユに出会って死ぬまでを書いた本です。

母や兄弟と別れ別れになり、アユに出会うまでの人との別れ、辛い経験などが「僕は・・・」という語り口調で書かれています。

虐待されるシーンもありますが、パオの飼い主になった人間がパオを手放さなければならなくなる理由。読んでいても実際にある事だと思えますし、どうしても捨てたくないのに、でも他に選択肢が無い。という飼い主の辛さもよく表現されています。

動物愛護センターで処分される犬猫の実態も、作者が実際に見学に行かれたそうでリアルに書かれています。決して安楽死ではない処分方法。

・・・「年間21万匹」・・・その数字を聞いただけで背筋が凍る思いがしました。・・・

作者の後書きです。
詳しい統計はまだ調べていませんが、この作者の後書きは2003年6月時点のものです。劇的に減っているとは思えません。

Facing to Realityというサイトによると、

犬の引き取り理由
1 子犬の処置に困った 52%
2 世話ができなくなった 37%

猫の引き取り理由
1 子猫の処置に困った 57%
2 世話ができなくなった 24%

犬の取り扱い件数
捕 3195
引き取り 686
他施設からの移送 7965
その他 116
返還 149
譲渡(希望者) 202
処分頭数 11488

猫の取り扱い件数
引き取り 1206
負傷猫収容頭数 147
他施設からの移送 10532
その他 1
返還 2
譲渡(希望者) 36
処分頭数 11848

これは千葉の動物愛護センターのデータらしいですが、保護ではなくて、引取りの件数の多さに愕然としました。

以前書いた獣医野村潤一郎さんの言葉。

「生き物を飼う事とは、自分の命を削って与える事である」

ここまでの覚悟を持ってペットを飼い始める人が国内にどれだけいるでしょうか。たとえ長年ペットを飼っていても、たまたま健康で手のかからない子だったら、責任の重大さに気付かないかも知れない。可愛い部分だけを感じて育てる事が出来れば、「命を削って与えなければいけない」程の責任は感じる事が出来ないかもしれない。

その感覚も、人によってそれぞれだと思います。

生命の問題はとても難しい。日本人は義務教育で同じ道徳を学んでいるはずなのに、どうして動物問題となるとこれほど考えが異なるのでしょうか。

私もつい最近まで能天気で無知な猫好きでしたので、大きな事は言えませんが。

一言で動物愛護、と言っても、あまりにも大きな難しい問題なのかも、と、少し調べ始めて実感しています。

時間をかけて調べて、出来る事を考えます。

投稿者 kiyo : 12:20 AM | コメント (0) | トラックバック